今回は禁則処理を扱いたいと思います。
InDesignを参考にしつつ進めてゆきましょう。

 禁則処理

禁則処理とは、例えば「。」「、」などの句読点。「々」「ヽ」「ゝ」などの踊り字、「ー」「〜」などの音引きを、行頭、行末に配置するのが望ましくない場合の処理です。
他にも、英単語を単語ごとに改行するのか、単語の途中でも改行可能にするのかなどの分離禁止の扱いも対象になります。
InDesignで確認してみましょう。
禁則処理
▲書式 > 禁則処理セット で「禁則処理メニュー」を表示できます。
上図は「強い禁則」。行頭と行末の禁則にこれだけの文字が登録されています。
もちろん、各項目に任意で追加することも可能です。
 
CSSにはline-breakword-breakoverflow-wrap(word-wrap)というプロパティがあります。
 

line-break

CJK(日中韓)の言語の句読点や記号の改行方法を指定します。
値は下記です。

auto
既定の改行規則を使用してテキストを改行します。
loose
最も制限の少ない改行規則を使用してテキストを改行します。一般的に、新聞などの短い行に使用されます。
normal
最も一般的な改行規則を使用してテキストを改行します。
strict
最も厳格な改行規則を使用してテキストを改行します。

引用元:MDN line-break 

 
サンプルを作ってみました。約物を赤くしてあります。スライダーでテキストフレームを拡縮できるので、挙動をご確認ください。
非表示をクリックするとコンテンツが非表示になり、比較しやすくなると思います。
表示をクリックするとコンテンツが再表示されます。
 

line-break

auto

非表示

吾輩は猫であるャーャー泣いていた・・・人間という一番獰悪だ

loose

非表示

吾輩は猫であるャーャー泣いていた・・・人間という一番獰悪だ

normal

非表示

吾輩は猫であるャーャー泣いていた・・・人間という一番獰悪だ

strict

非表示

吾輩は猫であるャーャー泣いていた・・・人間という一番獰悪だ

私だったらstrictを使うかな。。。
名前の通りですが、looseだとloose過ぎるし、autonormalも「〜」が行頭にきたりするので美しくないですね。
上のサンプルだとautonormalは同じ改行をします。
サンプルは左揃えにしてますが、text-align:justify;にすると、文字のアキが顕著になる行も出てくるので注意が必要かと思います。
ブラウザの対応確認はこちら Can I use 
 

word-break

改行しなければテキストがコンテンツボックスからあふれる場合に、ブラウザーが改行を挿入するかどうかを指定します。
値は下記です。

normal
既定の改行ルールを使用します。
break-all
CJK (中国語、台湾語、日本語、韓国語) 以外のテキストにおいて、単語中などでの文字の改行に関する禁則処理を解除し、どの文字の間でも改行するようにします。
keep-all
CJK テキストの改行を許可しません。 CJK 以外のテキストについては normal と同じ挙動となります。
break-word
行内で適切に改行できる場所が他にない場合に限って、単語の途中でも改行するようにします。

引用元:MDN word-break 

 
こちらもサンプルを作ってみました。約物を赤くしてあります。上部のスライダーでテキストフレームを拡縮できるので、挙動をご確認ください。
非表示をクリックするとコンテンツが非表示になり、比較しやすくなると思います。
表示をクリックするとコンテンツが再表示されます。
 

word-break

normal

非表示

abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
I am a cat. meow meow. It was the most ferocious human being. And so on.
吾輩は猫であるャーャー泣いていた・・・人間という一番獰悪だ

break-all

非表示

abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
I am a cat. meow meow. It was the most ferocious human being. And so on.
吾輩は猫であるャーャー泣いていた・・・人間という一番獰悪だ

keep-all

非表示

abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
I am a cat. meow meow. It was the most ferocious human being. And so on.
吾輩は猫であるャーャー泣いていた・・・人間という一番獰悪だ

break-word

非表示

abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
I am a cat. meow meow. It was the most ferocious human being. And so on.
吾輩は猫であるャーャー泣いていた・・・人間という一番獰悪だ

normalkeep-allは連続する英数字を改行しません。
一文字づつ改行するbreak-allと単語ごとに改行するbreak-wordで使い分けることになると思います。
単語ごとに改行するbreak-wordだと、行によってはアキが生じることでしょう。
ブラウザの対応確認はこちら Can I use 
 

overflow-wrap(word-warp)

インライン要素に対して、テキストが行ボックスをあふれないように、ブラウザーが不可分の文字列の途中で改行を入れるかどうかの設定を適用します。
値は下記です。

normal
通常の単語の分割位置 (2つの単語の間の空白など) でのみ改行することを示します。
anywhere
あふれることを避けるために、行内にその他の分割可能な位置がない場合、その他の分割できない文字列 — 長い単語や URL — が任意の場所で分割されることがあります。分割位置にハイフン文字は挿入されません。コンテンツの最小固有寸法を計算する時には、単語分割によって導入された折り返し可能位置が考慮されます。
break-word
anywhere の値と同様に、行内にその他の分割可能な位置がない場合、通常は分割可能でない単語が任意の場所で分割されますが、コンテンツの最小固有寸法を計算する時に、単語分割によって導入された折り返し可能位置が考慮されません。

引用元:MDN overflow-wrap 

 
こちらもサンプルを作ってみました。約物を赤くしてあります。スライダーでテキストフレームを拡縮できるので、挙動をご確認ください。
非表示をクリックするとコンテンツが非表示になり、比較しやすくなると思います。
表示をクリックするとコンテンツが再表示されます。
 

overflow-wrap

normal

非表示

abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
I am a cat. meow meow. It was the most ferocious human being. And so on.
吾輩は猫であるャーャー泣いていた・・・人間という一番獰悪だ

anywhere

非表示

abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
I am a cat. meow meow. It was the most ferocious human being. And so on.
吾輩は猫であるャーャー泣いていた・・・人間という一番獰悪だ

break-word

非表示

abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
I am a cat. meow meow. It was the most ferocious human being. And so on.
吾輩は猫であるャーャー泣いていた・・・人間という一番獰悪だ

MDNの解説を読んでも、正直、よく分かりません。。。
overflow-wrap:anywhere;Firefox 72かFirefox for Androidにしか対応していません。
連続英数字を唯一改行するbreak-word一択ではないでしょうか?
overflow-wrapは元々word-wrapという名称でした。
word-wrapはMicrosoftの拡張機能という扱いでしたが、CSS3の仕様案で標準仕様となりました。
その際、名称がoverflow-wrapとなったそうです。
下位互換、特にIEを考慮しword-wrapも併用することが推奨されてます。
ブラウザの対応確認はこちら Can I use 
 

素朴な疑問。

では、InDesignの禁則処理セットそのものが連続した場合どのような扱いをするのか疑問に思いました。
 


line-break

auto

非表示

行頭禁則文字
!),.:;?]]¢—’”‰℃℉、。々〉》」』】〕〟ぁぃぅぇぉっゃゅょゎ゛゜ゝゞァィゥェォッャュョヮヵヶ・ーヽヾ!%),.:;?]}
行末禁則文字
([{£§‘“〈《「『【〒〔〝#$(@[{¥

loose

非表示

行頭禁則文字
!),.:;?]]¢—’”‰℃℉、。々〉》」』】〕〟ぁぃぅぇぉっゃゅょゎ゛゜ゝゞァィゥェォッャュョヮヵヶ・ーヽヾ!%),.:;?]}
行末禁則文字
([{£§‘“〈《「『【〒〔〝#$(@[{¥

normal

非表示

行頭禁則文字
!),.:;?]]¢—’”‰℃℉、。々〉》」』】〕〟ぁぃぅぇぉっゃゅょゎ゛゜ゝゞァィゥェォッャュョヮヵヶ・ーヽヾ!%),.:;?]}
行末禁則文字
([{£§‘“〈《「『【〒〔〝#$(@[{¥

strict

非表示

行頭禁則文字
!),.:;?]]¢—’”‰℃℉、。々〉》」』】〕〟ぁぃぅぇぉっゃゅょゎ゛゜ゝゞァィゥェォッャュョヮヵヶ・ーヽヾ!%),.:;?]}
行末禁則文字
([{£§‘“〈《「『【〒〔〝#$(@[{¥

 

word-break

normal

非表示

行頭禁則文字
!),.:;?]]¢—’”‰℃℉、。々〉》」』】〕〟ぁぃぅぇぉっゃゅょゎ゛゜ゝゞァィゥェォッャュョヮヵヶ・ーヽヾ!%),.:;?]}
行末禁則文字
([{£§‘“〈《「『【〒〔〝#$(@[{¥

break-all

非表示

行頭禁則文字
!),.:;?]]¢—’”‰℃℉、。々〉》」』】〕〟ぁぃぅぇぉっゃゅょゎ゛゜ゝゞァィゥェォッャュョヮヵヶ・ーヽヾ!%),.:;?]}
行末禁則文字
([{£§‘“〈《「『【〒〔〝#$(@[{¥

keep-all

非表示

行頭禁則文字
!),.:;?]]¢—’”‰℃℉、。々〉》」』】〕〟ぁぃぅぇぉっゃゅょゎ゛゜ゝゞァィゥェォッャュョヮヵヶ・ーヽヾ!%),.:;?]}
行末禁則文字
([{£§‘“〈《「『【〒〔〝#$(@[{¥

break-word

非表示

行頭禁則文字
!),.:;?]]¢—’”‰℃℉、。々〉》」』】〕〟ぁぃぅぇぉっゃゅょゎ゛゜ゝゞァィゥェォッャュョヮヵヶ・ーヽヾ!%),.:;?]}
行末禁則文字
([{£§‘“〈《「『【〒〔〝#$(@[{¥

 

overflow-wrap

normal

非表示

行頭禁則文字
!),.:;?]]¢—’”‰℃℉、。々〉》」』】〕〟ぁぃぅぇぉっゃゅょゎ゛゜ゝゞァィゥェォッャュョヮヵヶ・ーヽヾ!%),.:;?]}
行末禁則文字
([{£§‘“〈《「『【〒〔〝#$(@[{¥

anywhere

非表示

行頭禁則文字
!),.:;?]]¢—’”‰℃℉、。々〉》」』】〕〟ぁぃぅぇぉっゃゅょゎ゛゜ゝゞァィゥェォッャュョヮヵヶ・ーヽヾ!%),.:;?]}
行末禁則文字
([{£§‘“〈《「『【〒〔〝#$(@[{¥

break-word

非表示

行頭禁則文字
!),.:;?]]¢—’”‰℃℉、。々〉》」』】〕〟ぁぃぅぇぉっゃゅょゎ゛゜ゝゞァィゥェォッャュョヮヵヶ・ーヽヾ!%),.:;?]}
行末禁則文字
([{£§‘“〈《「『【〒〔〝#$(@[{¥

ブラウザによっても挙動は変わるのでしょうけど、どれを使用するかの指標になると思います。
 

まとめ

以上を鑑み、掲載する記事の内容にもよりますが、私的には、

line-break:strict;
word-break:break-word;
overflow-wrap:break-word;
word-wrap:break-word;

を使用するかな、思います。
どれが正しいのかという明確な答えはありません。
ちなみに本サイトは全体的に、

overflow-wrap:break-word;
word-wrap:break-word;

を使用しています。
色々と検証し、適宜に対応したいと思います。
 
最後まで読んでくださりありがとうございました。
 

関連記事




Pocket
LINEで送る