Pocket

After Effectsには、ORB(オーブ)という地球を作成する無償で提供されているPlug-Inがあります。
Saberでお馴染みのVideo Copilot社 が提供しています。

Video Copilotの公式YouTube。
 


ダストマンさまが日本語でチュートリアルを公開されています。
 

何回も視聴させていただき、自分なりに地球を作成しました。

Saberで流星も作りました。
是非是非、ご視聴ください!
 

Video Copilot Ultra 3D Earth を訪れると、After Effectsで使用する地球のテクスチャーをダウンロードできます。

After Effects
▲ダウンロードしたテクスチャー一式。
 

After Effects
▲After Effects、ORBでの設定。
例として、MapsDiffuse LayerEarth_Diffuse_6K.jpgを、その他はそれぞれ設定してあげます。
Diffuse Layerは地表。
Glossoness Layerは光沢。
Illumination Layerは日の当たらない箇所のイルミネーション。
Bunmp Map Layerは凹凸を表現します。
それぞれ、好みに応じて調整します。
 

After Effects
▲地球の地表データ。
 

After Effects
▲地球の光沢データ。
 

After Effects
▲地球のイルミネーションデータ。
 

After Effects
▲地球のバンプデータ。
バンプデータはNormalデータとも言います。
コントラストが高いほど、より凹凸した感じを表現できます。
 

After Effects
▲雲のデータ
 

Video Copilotの他にも商用利用可能なテクスチャーを提供している会社があります。
Solar System Scope 
 

After Effects
Solar System Scope のトップページ。
 

After Effects
▲銀河を散策できる「Solar System Scope」というアプリケーションが用意されています。
デスクトップ版とブラウザ版があり、フリーのお試し版もあります。
有料でも9.80$と、そんなに高額ではありません。
 

After Effects
▲デスクトップ版、起動中の画面。
 
After Effects
▲各惑星をダブルクリックで拡大し解説画面になります。
マウスでグリグリ回転したり、ホイール操作で拡大縮小できます。
縮小すると天の川銀河まで閲覧することができます。
 

After Effects
▲ダウンロードした太陽のテクスチャー。
 

After Effects
▲水星のテクスチャー。
 

After Effects
▲金星大気のテクスチャー。
 

After Effects
▲金星の地表のテクスチャー。
 

After Effects
▲木星のテクスチャー。
 

After Effects
▲土星のテクスチャー。
 

After Effects
▲土星のリングのテクスチャー。
 

After Effects
▲天王星のテクスチャー。
 

After Effects
▲海王星のテクスチャー。
 

After Effects
▲地球のテクスチャー。
 

After Effects
▲こちらは月面のテクスチャー。
 

これらはNASAや、水星探査機メッセンジャー、バイキング、カッシーニ、さらにハッブル宇宙望遠鏡で作成されたものから調整したそうです。
商用利用も可能になっています。
 

After Effects
▲簡単に惑星を作ってみました。
左上から、太陽、水星、金星、火星、木星、土星、天王星、海王星。
Glossiness(光沢)だけ0に設定しました。
土星は作り方が特殊なので、次回詳しく説明します。
 

After Effects
▲月を作ってみました。
望遠鏡で除いたのと同じようなイメージになりました。
こちらはバンプデータを設定。他にも輝いた感じを表現するためレイヤーを複製し、パラメータを調整しました。
こちらも次回、詳しく説明します。
下の写真は実物の月ですが、ORBで作成したものもかなり、リアルです。
ティコクレーターの辺りが少し、違うような気がします。
 

After Effects
▲こちらは実際の月の写真です。
 

まとめ

天文や宇宙が好きなので作ってて、とても楽しかったです。
Saberで流星を作ると、本物のように作れるのも分かりました。
Video CopilotSolar System Scopeからダウンロードする素材には2k、6k、8kなど、高解像度用のテクスチャーも準備されています。
地球を作り込んだ場合、テクスチャーも複数使うことになりますが、枚数が増えるとデータが重たくなるので、ご注意ください。
たくさんのメモリを搭載したMacが欲しくなりますね。
今後も色々作りたいと思います。
 
最後まで読んでくださりありがとうございました。
 

関連記事


 

Pocket