ひょんなことからAfter Effectsを使うことになり、日々勉強しています。
After Effects
▲Adobe After Effects 2020のスプラッシュスクリーン
アフターエフェクツ、アフターエフェクト、エーイーなどと呼称されています。
 
Saber(セイバー)という人気のある無料のPlug-Inをインストールし色々と試しているところです。
Saber
 
プリセットだけでも51種類もあるので、どれを使用するか迷います。
そのプリセットに対して、色調や幅、サイズ、出現・消失時の大きさなどなど、パラメータを調整すれば無限の表現を得ることができます。
 
今回は、プリセット設定時のデフォルトのパラメータで一覧としてみました。
10個づつに分けてあります。


▲上から、Default、Arc Reactor、Cellular、Burning、Core、Electric、Energize、Energy、Fire、Firestorm
 

▲Fog、Fractal、Fuel、Fusion、Ghost、Ghost Buster、Green Energy、Hard Core、Haze、Heat
 

▲Hot、Inferno、Kryptonite、Meteor、Myst、Narrow、Narrow Bright、Nebula、Neon、Patronus
 

▲Portal、Protocol、Proton、Pulse、Replicant、Simple Orange、Soft Smoke、Solar、Solar Wave、StarKiller
 

▲Teseract、Thin、Torch、Tractor Beam、Velocity、Wavelet、Wide、Windy、Wormhole、Yellow Smoke、Zap
 

まとめ

ダストマンさま川原さま(TORAERA)のYouTubeで勉強させていただいてます。
ダストマンTipsでSaberを学び、見様見真似で当サイトトップページの動画を作ってみました。

▲自分で言うのもなんですが、カッコイイですね。
 
マイクロインタラクション作りにも重宝するということなので、今後も続けて勉強してゆきたいと思います。
 
最後まで読んでいただきありがとうございました。

Pocket